近年では顎が狭いことからすべての歯が並びきれず、歯列が乱れてしまう傾向があります。
一口に歯列が乱れるといってもその種類は多く、前歯が出てしまう出っ歯や歯と歯の間があいてまい別名空隙歯列とも呼ぶすきっ歯、八重歯など歯列が乱れてでこぼこと歯が生えてしまう乱杭歯、開咬や受け口などがあります。

歯列が整っていないと見た目によくないということのほか、物をよく噛むことができないので胃腸の調子が悪くなります。
体のバランスがとりにくくなる、歯の病気になりやすくなる、出っ歯やすきっ歯の場合は発音がしにくいといったことが起こります。
乱杭歯である八重歯の場合は、歯を抜かないとうまくおさまらないこともあり、永久歯を抜かなくてはならないケースも出てきます。
大きくなると治療に時間がかかるので、小さいうちから歯列を意識して矯正歯科を受診すると良いでしょう。
普通の歯科医院でも行っていますが、矯正歯科を取り扱っている歯科医院を選ぶようにすることも大切なポイントとなります。

矯正歯科では年齢や歯列の程度に応じて歯の矯正を行っています。
小学校に上がる前は乳歯がやっとそろいますが、レントゲンを撮ることで、歯肉の中にある永久歯を確認することができます。
その永久歯の大きさを見て顎に対してどういった歯並びになるかがわかるためマウスピースをつけ、矯正を開始します。
このマウスピースは長い時間やればやるほど、顎が広がっていき、大きくなってから歯を抜く心配は必要なくなります。
大人の場合のマウスピース矯正は自分の歯にあったものをつけ、生活を送ります。
海外では主流となっている方法で、食べるときは外す、手入れも自分の歯と同様に行う、など手間がかかりません。

小学生以降は永久歯も生えてきていることからブラケットやワイヤーを用いて矯正していきます。
ブラケットは一般的に行われているもので、昔のように金属のワイヤーではなく、目立たない白色のワイヤーを使用しているので人と話をする時も心配する必要はありません。
職業によっては、矯正が目立つのが困る場合もあります。

そういった場合は裏側から矯正を行う裏側矯正を選択すると良いでしょう。
また、口に何かが当たった時にも唇に傷がつきにくい、歯の表面が傷つかない、といったメリットがあります。
どのようなタイプのものを選ぶかは、自分の生活スタイルと健康状態、予算などを見て考えるようにします。
多くの場合、矯正歯科では相談を無料で行い、どのくらいの費用がかかるかも教えてくれます。