歯は歯周病の悪化や怪我などによって失われてしまうことがあります。
そのような時に噛む機能を取り戻すために選べる選択肢としては、入れ歯やインプラントがあるので、メリットとデメリットを考慮して自分に最適な治療法を見つけると良いでしょう。

まず、入れ歯のメリットとしては手術をしなくても着けられるということや、保険診療で作れば安く利用出来るといった点が挙げられます。
その半面、自然な歯と比べると噛む力が落ちてしまい食事がしにくくなることや、着けていて違和感を感じる場合が多いこと、見た目が悪いといったデメリットもあります。

それに対してインプラントは、顎の骨にインプラント体という歯根を埋め込み、その上にアバットメントというパーツを付け、一番上に人工歯を付けるという構造で患者さんに歯の機能を取り戻す方法になっています。
顎の骨に歯根の部分がしっかりと埋め込まれているため自然な歯に近い噛み心地を取り戻せるのがメリットになりますし、人工歯の部分をセラミックなどで作れば見た目も自然で美しい仕上がりに出来ます。

歯を失った時に入れ歯を選ぶ人は今でも多いですが、実際に使ってみて食事がしにくいといった不便さを感じ、インプラントに切り替える人も増えている傾向です。
インプラントは治療費が高額になるというデメリットがあり、骨への埋め込み手術が必要となるので体に負担がかかりますが、それでも見た目の良さや噛み心地の良さを求めるならおすすめの方法と言えるでしょう。

ところで、歯を失った時にインプラントを希望しても、歯周病の人などでは医師に難しいと言われてしまうことがあります。
それは歯周病などによって歯槽骨の量が足りないとインプラントを定着させるのが難しいからです。
しかし、インプラント治療が得意な歯科医院では骨の移植手術や骨再生誘導法などを行ってからなら、骨の量が足りなかった人にもインプラント治療が出来ることがあるため、あきらめずに色々な歯科医院で相談してみましょう。

最後に、入れ歯を選んだ人が自分の口に合わないと感じているなら、歯科医院で調整してもらうと噛みやすくなったり噛んだ時に痛みや違和感があるのを改善出来るかもしれません。
インプラントを選んだ場合も歯科医院の定期検診を受けて噛みあわせや口の中の状態を確認してもらうようにすると、インプラントを長く良い状態で使い続けられるので是非受けましょう。
歯を失った後は入れ歯やインプラントから自分に合う治療法を選べば、まだまだ食事を楽しみながら生活することが可能であるため、歯科医院で最適な方法を検討してはいかがでしょうか。