審美歯科では、単純な歯科治療のみだけではなく歯並びの状況や歯の色を変えることもできます。
健康的な口腔だけではなく美しい状態を保つ、あるいは取り戻すために治療が進められるのが特徴です。

こうした審美歯科で歯の色を変える方法はいくつかあります。
代表的な手段としては、ホワイトニングと呼ばれる手法が提供されています。
本来、美しい歯を取り戻すためには歯に存在している汚れを落とすために、その汚れを削らなくてはいけません。
しかし、歯を削る方法は健康的な歯に対して良くない影響を与える懸念もされています。

実際に、歯を削るとエナメル質も一緒に削ってしまう可能性があります。
エナメル質は、歯の健康状態を保つために外敵から守ってくれている非常に優秀な成分です。
これが無くなってしまうと知覚過敏に襲われるなど、日常的な咀嚼力にも大きな影響が出てしまいます。
そのため、良質な治療をしたいのならばエナメル質を考慮した治療法が必要になります。

審美歯科では、歯を削らないかわりにホワイトニングを行います。
ホワイトニングを提供しているクリニックでは、そのクリニックで全ての作業を終わらせる方法と、自宅に帰って効果を待つ方法の二つが主に存在します。

クリニックで使われるホワイトニングの主成分は過酸化水素と呼ばれているものです。
過酸化水素は、本来は濃度をきつくしてしまうと皮膚がただれてしまうくらいにきつい成分です。
濃度を考慮して利用しなくてはならないので、知識のある医師が手術を行うことが不可欠になります。
これは、主にクリニックで手術を行う際に使われる成分です。
歯を綺麗にする漂白剤のような成分で、着色汚れを効率的にとってくれます。

一方で、自宅でも行うことが可能な成分として過酸化尿素という成分が挙げられます。
過酸化尿素は、利用すると過酸化水素に分解されるという性質を持っていますので、実は漂白剤の効果としては上記のものとほとんど同じです。
過酸化水素との大きな違いは、唇や歯茎に対する保護をそれほど神経質に考えなくても良い点です。
過酸化水素は濃度を調整しないと肌に対して悪影響を及ぼしますが、過酸化尿素の場合にはそこまでの心配はありません。

共通しているのが、ホワイトニングの成分が歯の着色汚れをクリーニングしてくれる歯の消しゴムのような役割を果たしていることです。
一般歯科ではこうした手間のかかる治療はほとんど実施してくれないので、審美歯科の大きなメリットといえます。