定期健診の問診票 歯科医院と聞けば、多くの人が口の中のトラブルの治療を想像します。
口腔内のトラブルが全身に及ぼす悪影響が叫ばれて久しい昨今、歯科医院での治療の大切さは言うまでもありませんが、歯医者で行うのは治療だけではありません。
まだまだ知らない人も多いですが、歯科医院でできることはとても多いです。

例えば、歯や口の中の定期検診がそうです。
口の中の健康を確かめ、治療が必要かどうかや過去に治療したところの経過、今後どのようにすべきかなどのアドバイスも期待できます。
意識の高い人などは数ヶ月から半年に一度程度定期検診で診てもらうのを決めて、生活の一部にしています。

口の中の悩みを解決するために歯科医院を訪れる人も多いです。
歯医者さんは歯のことだけではなく、口の中のことならなんでも深遠な知識を持つプロフェッショナルです。
どんな悩みでも解決に導くため的確に答えてくれます。
口臭やドライマウスで悩む人も解決策を探ることが可能です。
中には一度の相談で解決する人もおり、もっと早く訪れれば悩まずに済んだのにと後から悔やむ人もいます。

口の中の病気になってしまうと、歯を削ったり抜いたりと辛い治療が待っています。
悪くなってから歯科医院にかかる人はまだまだ多いです。
トラブルが発生する前に定期検診などで歯科医院に診てもらえば、口の中の健康を維持できる確率は大幅にアップします。

メンテナンスをすることなく年齢を重ねていくと、歯を失う可能性は高まります。
年配者になった時に歯が減っていくことを仕方がないと考える日本人はとても多く、この考え方は欧米諸国と比べてかなり差があるのが現状です。
70歳や80歳になったら入れ歯などに頼るのが当然と考えるかもしれませんが、欧米ではこのくらいの年齢になっても20本前後残るのが通常です。
この違いは、予防歯科に対する意識の違いが深く関わっています。

歯科先進国である欧米では、予防歯科の一環として定期的に歯科医院に行く人の割合がとても高いです。
定期検診でメンテナンスを受ける割合は日本人にとって驚きの数字です。
欧米諸国では80%や90%という割合も珍しくはありません。

一方の日本はわずか2%から3%というデータもあります。
この差が口の中の健康にまともに影響を与えています。
予防歯科への意識は大切です。
年齢を重ねたときにできるだけたくさんの歯を残すという意識を少し持つだけで将来、全身の健康に良い影響を及ぼすことができます。

まずは予防が基本!そして教育!

歯ブラシとコップ 予防歯科の意識を強くはっきりと持ち、定期検診を歯科医院で行ってもらう事はとても意義深いことです。
歯医者さんや衛生士さんに行ってもらうプロフェッショナルケアは、口の中を長く健康に保つために大いに役に立ちます。

定期的に歯科医院で口の中の状態を診てもらっていない人にとって、自分自身の歯を磨くのは当たり前ですが、自分だけです。
ブラッシングの仕方には人それぞれ癖があり、よく磨けているところとそうでないところが存在します。
よく磨けていない箇所は、第三者の目がない限りずっと磨き残すことになり、その箇所が傷んで健康を害するというパターンは意外なほど多いです。

予防歯科の観点から歯科医院に赴き口の中の状態を診てもらえば、ブラッシングの癖もよくわかります。
多くの日本人は、ブラッシングの指導を受けたのは小学生の時以来記憶がないのが通常です。
知らず知らずのうちに磨き方を忘れていたり、力の入れ具合も間違っている人はとても多いです。
口の中の汚れを落とそうと力を入れすぎ、歯茎を傷めてしまっている人もいます。
適切なブラッシング圧で磨くことが重要です。
ブラシの当て方・角度・奥歯に対する対処など、大人であっても学ぶべきことは多いです。

正しいブラッシングの仕方がわかれば、プラークや歯石の付き方も違ってきます。
プラークが固まって歯石になってしまうと、セルフケアで取り除くのは難しいです。
歯科医院に行って取り除いてもらわなければならなくなります。
このような症状が出る前にセルフケアで対処をすること、定期的にプロに診てもらい、修正をすることがとても大事です。

できれば幼い頃から予防歯科の癖をつけておくことが望ましいです。
定期的に歯科医院に通い、口の中を健康に保つことができれば長く健康を維持できます。
そういった教育こそが大切で、小さな子どものうちからできることはたくさんあります。
セルフケアの仕方もプロの指導を受けて行えばより効果的です。
ブラッシングだけではなく、デンタルフロスやデンタルリンスも効果的に使用したいアイテムです。
歯科医院ならデンタルリンスなどの使い方やタイミングも正確に教えてもらえます。

症状が出てから対処をするのではなく、健康な状態を保つ努力をすること、不健康にならないための予防をすることが肝要です。
プロフェッショナルケアで予防をし、幼い頃から予防歯科の教育を正しく行えば、口の中だけではなく長く全身を健康に保つことにもつながります。
歯科医院を治療以外でも有効に活用する方法はたくさんあります。